容器ゴミを減らしたい・・・、だから                

        量り売り・充填販売をすすめています 

どうすれば充填してもらえるの?
  えがおの力 をお気に召して下さいましたら、どうぞ空容器をご返送下さい。

 充填の流れ →空き容器への詰替え販売を行います。


  容器ゴミがウ~ンと減ります

★「えがおの力」が空になったら、カードと共に容器を封筒でエコ・ブランチへ送り返してください。 


① 空容器は、折りたたんで郵便で送れます。
② 容器が届き次第、中身をお詰めしてお送りします。
③ 容器はとても丈夫ですが、5回繰り返したら新しい容器に替えてお届けします。

☆ 5回でミニギフトプレゼント
  地球さんが喜んでくれたので、5回で商品と一緒に、ミニギフトお届けします。

ご注意ください

空容器を封筒に入れる際、中身が残っていたり(重くなります)、ふくらんでいると料金が高くなります。
ペシャンコにして、中身が空で1枚の場合 
  2L=220円切手 / 4L=290円が目安です


充填すると

★ 環境に貢献しながら節約もできます。
・ 空容器を再利用してゴミを減らし、資源を有効活用できます。
・ 2回目からは中身だけ買っていただき、さらにお徳です。

量り売りって?


「容器・包装ごみ」が少なくなる販売方法です。
30~40年前、昭和の中頃までは、当たり前の方法でした。
お豆腐、醤油、お味噌、お酒などなど、いろいろなモノをMY容器を持って言って、必要な量だけを買っていました。お鍋をもって、お豆腐やさんに買いに行かれた記憶がおありの方もまだ沢山おられます。

お店では、お客さんと、お店の人がよもやま話をしたり、お料理の方法を聞いたりしたものです。

エコ・ブランチでは、少しでも容器ゴミをなくしたいということと、人の輪が広がる量り売りを進めたいと願い、手軽に、取り組んで頂けるように、「松の力」18L1箱からできる量り売りをお勧めしています。

おかげ様で、各地のオーガニックカフェ・食材店さんや、酒屋さん、薬局、アロマサロンはじめ、作業所さんでも量り売りをして下さるところが増えてきました。

親子劇場さんや、NPOの人たちが活動資金にと手がけてくださっているところもあります。

空になったペットボトルに詰めて、ちょっと試したいという方に人気です。

やってみたいな・・・、と思われましたら、どうぞお気軽にお問い合わせ下さい。

えがおの力 特徴に戻る

ページの先頭へ